世界の高級ワイン〜1本200万円のワインも!〜

ワイン好きの方にとって、高級ワインは一度は飲んでみたい憧れの存在ですよね。

高級ワインとは、どのような基準で決まるのでしょうか。また、おすすめの高級ワインはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、高級ワインの選び方や人気の銘柄を紹介します。

目次

高級ワインとは

高級ワインの選び方 高級ワインと言っても、その定義は人それぞれです。一般的には、以下のような要素が高級ワインの選び方に影響します。

ぶどうちゃん
ぶどうちゃん

高級ワインについて学んでみましょう!

価格

高級ワインの価格は、数千円から数百万円まで幅広くあります。価格は、ブドウの品質や産地、生産量、熟成期間、評価などによって決まります。高いワインは必ずしも美味しいとは限りませんが、高級ワインとして認められるには、ある程度の価格帯である必要があります。一般的には、1万円以上のワインが高級ワインとされることが多いです。

評価

高級ワインの評価は、専門家や愛好家によって行われます。評価は、ワインの色、香り、味、余韻などを総合的に判断し、100点満点のスコアや5つ星のレーティングなどで表されます。評価は、ワインの品質や特徴を客観的に示す指標ですが、個人の好みや感想とは必ずしも一致しないこともあります。評価の高いワインは、高級ワインとして人気がありますが、自分の舌で確かめることも大切です。

歴史

高級ワインの歴史は、ワインの由来や伝統を表します。歴史のあるワインは、その産地や生産者が長年にわたってワイン造りに情熱と技術を注いできた証拠です。

歴史のあるワインは、その土地の気候や風土、文化や歴史を反映しており、ワインの個性や深みがあります。高級ワインとして尊重されていますが、新しいワインにも魅力的なものがあります。

代表的な超高級ワイン3選

高級ワインのおすすめ

高級ワインの選び方について見てきましたが、具体的にどのようなワインがおすすめなのでしょうか。ここでは、赤ワインの人気の高級ワイン銘柄を紹介します。

シャトー・マルゴー

フランスのボルドー地方のメドック地区にあるシャトー(ワイン醸造所)の一つです。1855年に行われたボルドーワインの格付けで、最高ランクの第一級に選ばれた5つのシャトーの一つです。シャトー・マルゴーのワインは、カベルネ・ソーヴィニヨンを主体に、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドなどをブレンドして作られます。

色は深いルビー色で、香りは花やフルーツ、スパイスなどが複雑に絡み合います。味は濃厚でバランスが良く、熟成するとさらに円熟と深みが増します。シャトー・マルゴーのワインは、世界中のワイン愛好家に高く評価されており、高額で取引されています。

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ

フランスのブルゴーニュ地方のコート・ド・ニュイ地区にあるドメーヌ(ワイン農園)の一つです。略してDRCとも呼ばれます。DRCのワインは、ピノ・ノワールを主体に、シャルドネ、ピノ・グリ、ピノ・ブランなどをブレンドして作られます。

色は明るいルビー色で、香りは赤い果実や花、森の香りなどが豊かに広がります。味は繊細でエレガントで、熟成するとさらに複雑さと優雅さが増します。DRCのワインは、ブルゴーニュワインの最高峰として知られており、世界中のワイン愛好家に憧れられています。

オーパス・ワン

アメリカのカリフォルニア州のナパ・ヴァレーにあるワイナリーの一つです。1979年に、フランスのボルドー地方のシャトー・ムートン・ロートシルトのオーナーであるバロン・フィリップ・ド・ロートシルトと、カリフォルニアのロバート・モンダヴィが共同で創設しました。

ラベル(エチケット)はバロン・フィリップ・ド・ロートシルトとロバート・モンダヴィと言われています。

オーパス・ワンのワインは、カベルネ・ソーヴィニヨンを主体に、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、マルベックなどをブレンドして作られます。色は濃い紫色で、香りは黒い果実やチョコレート、トーストなどが豊かに感じられます。味は力強く豊かで、熟成するとさらに滑らかさと複雑さが増します。オーパス・ワンのワインは、フランスとアメリカのワイン造りの技術と伝統を融合した、新世界の高級ワインとして評価されています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次