ロマネコンティはいくら?なぜ高いのか?【世界最高級のワイン!】

世界的に高級ワインとして知名度の高いロマネコンティはなぜ高いのか?

この疑問に答えるためには、その歴史と特徴を知る必要があります。

ロマネ・コンティは、ブルゴーニュ地方のヴォーヌ=ロマネ村にある特級畑で、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社が単独所有しています。

この畑から生産されるワインは、世界中で最も高値で取引されるフランスワインの一つで、一本数百万円という価格がついています。

では、なぜこのワインはそこまで高価なのでしょうか? その理由は、以下の歴史的価値、希少性、品質の3つに分けられます。

目次

ロマネ・コンティはなぜ高いのか?①歴史的価値について

ロマネコンティは、フランス・ブルゴーニュ地方のヴォーヌ=ロマネ村にある特級畑で、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社が単独所有している非常に価値の高いワインです。

この畑は、ローマ時代から2000年以上もの長い歴史を持ち、中世にはサン・ヴィヴァン修道院が所有し、18世紀にはコンティ公が競り落としました。

その後、1912年にジャック・シャンボンとマリー・ドミニク・ド・ゴーダン・ド・ヴィレーヌが所有し、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社(DRC)として登録され、1942年以降はド・ヴィレーヌ家とルロワ家が共同経営しています。

ロマネコンティの価値は、その希少性、歴史的背景、そしてワイン造りへの徹底したこだわりによって形成されています。

畑の広さはわずか1.8ヘクタールで、年間の生産本数も限られており、その品質は世界中のワイン愛好家から高く評価されています。

また、1945年のヴィンテージは新たな葡萄の木の植樹前の最後のワインであり、第二次世界大戦終結の年として戦禍を免れ作られたため、特に高い価値が認められています。

これらの要素が組み合わさり、ロマネコンティはワインの中でも特に高価で歴史的な価値を持つものとされており、ワインコレクターや投資家にとっても非常に魅力的な存在となっています。

ロマネ・コンティはなぜ高いのか?②希少性について

ロマネ・コンティの畑は、約1.8ヘクタールと非常に小さく、年間の生産本数は約6000本程度です。

これは、世界中のワイン愛好家の需要に比べて、極めて少ない数です。

そのため、ロマネ・コンティは、市場に出回ることがほとんどなく、入手するのが困難なワインとなっています。

この希少性は、ロマネ・コンティの価格をつり上げる要因の一つとなっています。

ロマネ・コンティはなぜ高いのか?③品質について

ロマネコンティは、世界でも最も高品質と評価されるワインの一つです。

ブルゴーニュ地方のヴォーヌ・ロマネ村にある1.8ヘクタールの特級畑で、ピノ・ノワール種のブドウから造られています。

この畑は、石灰質で痩せた土壌の上にあり、ブドウの根は地中深くまで伸び、多様なミネラルを吸収します。

これにより、ロマネコンティのワインは繊細さと複雑さを持ち合わせ、力強く、華やかな香りとのど越し、堂々とした骨格を持つと評価されています。

生産者は、伝統的な栽培と醸造法を守りつつ、品質に徹底的にこだわり、年間生産本数は約6,000本と非常に限られています。

この希少性と品質の高さが、ロマネコンティを世界で最も高値で取引されるワインの一つにしています。

最後に

以上のように、ロマネ・コンティは、歴史的価値、希少性、品質の3つの要素が相まって、世界に君臨するワイン界の帝王となっています。

その価格は、その価値に見合ったものと言えるでしょう。

ロマネ・コンティは、ワインの中のワインとして、多くの人々の夢と憧れの対象となっています。

\あのGACKTさんもロマネ・コンティを『神の雫』と読んでいます。/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次