\Amazon プライム無料体験はこちら。当日配送、動画見放題!/

夢をかなえるゾウとは?あらすじと感想を紹介!【2020年ランキング1位!シリーズ累計500万部超の人気作】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-10-1024x788.png

夢をかなえるゾウとは、水野敬也さんが書いた自己啓発小説です。

2020年ではランキング1位を獲得し、累計500万部以上を売り上げるベストセラーになりました。

この本は、夢を叶えるためにはどうすればいいのか、という問いに答えてくれる一冊です。

川口春奈さん『夢を叶えるゾウ』を愛読しており、「自分の軸みたいなものになっている」と話しています。

目次

夢をかなえるゾウのあらすじ

夢をかなえるゾウの主人公は、平凡なサラリーマンの「僕」です。

彼は夢を叶えたいと思っているものの、具体的な方法がわからず、毎日同じような生活を送っています。

そんなある日、彼の部屋に突然、ゾウの姿をした神様「ガネーシャ」が現れます。

ガネーシャは、過去に多くの偉人を育てたと自称する、夢をかなえるコーチだと言います。

そして、彼は「僕」に夢をかなえるための29の課題を出すと宣言します。

「僕」は最初は戸惑いますが、ガネーシャの言葉に従って、毎日課題に取り組むことにします。

課題は、靴を磨く、お参りに行く、人を笑わせる、人を褒めるなど、簡単なものから難しいものまで様々です。

しかし、それぞれの課題には、夢をかなえるための秘訣が隠されているのです。

課題をこなすことで、「僕」は自分の考え方や行動力、コミュニケーション能力などを改善していきます。

そして、自分の夢に近づいていくのです。

ガネーシャの教え

ガネーシャの教えは以下のようなシンプルなものとなっています。

成功に必要なものは小さなシンプルなものの積み重ねというのを日常とユーモアを混ぜながら教えてくれます。

  • 靴を磨く: 謙虚さと丁寧さを大切にし、小さなことから始めることの重要性を示します。
  • 募金する: 分かち合いと思いやりの精神を育むために、他人のために寄付をすることを奨励します。
  • 食事を腹八分目におさえる: 節制と健康を意識し、過度な食事を避けることを教えています。
  • 人が欲しがっているものを先取りする: 人々のニーズを理解し、先回りしてサポートすることで成功に近づけるとされています。
  • 会った人を笑わせる: 笑顔とユーモアを大切にし、人々を元気づけることを目指します。

夢をかなえるゾウの感想

夢をかなえるゾウは、自己啓発本としてだけでなく、小説としても楽しめる作品です。

物語は、ガネーシャと「僕」のやりとりが中心となっており、ガネーシャの関西弁やユーモアが随所に散りばめられています。

また、各課題には、偉人のエピソードや名言が紹介されており、知識やモチベーションを高める効果もあります。

夢をかなえるゾウの最大の魅力は、誰でもできる課題であるということです。

課題は、特別なスキルや資金、時間が必要なものではありません。

日常生活の中で、少し意識を変えるだけでできるものばかりです。

しかし、それらの課題を続けることで、自分の人生を変えることができるのです。

この本を読んで、自分の夢に向かって行動する勇気やヒントを得ることができるでしょう。

夢をかなえるゾウは、夢を叶えたいと思っている人におすすめの一冊です。

この本を読んで、自分の夢に一歩でも近づけるようになりましょう。

\2024年現在、夢をかなえるゾウは0を含めると5作品あります。/

\Amazon プライム無料体験はこちら。当日配送、動画見放題!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次