【2024年版】コスパ最強のテレビランキング TOP 5

今やスマートフォンの普及率が8割を超えていて、テレビは不必要という人も増えてきてます。しかし、私もそうですがなんとなく付けておくだけでもテレビはどうしても必要となる人も多いはずです。

なんでも良いわけではないですがコストパフォーマンスに優れたモデルを見つけるのは一筋縄ではいきません。

そこで、私たちは価格、性能、機能性を総合的に比較し、ユーザーの満足度を高めることができる、超おすすめのテレビランキングTOP 5をご紹介します。

これらのテレビは、限られた予算の中でも最高のエンターテイメント体験を提供することを目指しています。

目次

TVS REGZA「REGZA(レグザ)V34シリーズ」24V34

コジマ楽天市場店
¥37,800 (2024/05/26 14:03時点 | 楽天市場調べ)

TVS REGZAの「REGZA(レグザ)V34シリーズ」24V34は、コンパクトながら高機能なテレビです。

  • 画面サイズ: 24インチで、ワイドXGA液晶パネルを搭載しています。
  • 画質: ハイビジョン解像度をサポートし、レグザエンジンPower Driveによる高画質化処理が施されています。
  • 録画機能: USBハードディスク録画に対応し、2チューナーウラ録などの便利な録画オプションがあります。
  • ネット動画: 豊富な動画配信サービスに対応しており、YouTubeなどのコンテンツを楽しむことができます。
  • 音質: パワーオーディオHDとレグザサウンドプロセスVIRにより、クリアな音声出力を提供します。
  • 接続性: HDMI入力端子やUSB端子を備え、外部デバイスとの接続が容易です。
  • 操作性: 瞬速ゲームモードによる高速レスポンスで、ゲームプレイも快適です。

このテレビは、限られたスペースに最適なサイズでありながら、多様な機能を備えているため、一人暮らしや寝室などのセカンドテレビとしても最適です。

オリオン SLHD241

\2022年ベストバイオブザイヤーを受賞/

オリオン SLHD241は、コンパクトでスマートな機能を備えた24インチのテレビです。

  • 画面サイズ: 24インチで、解像度は1366×768ピクセルです。
  • チューナーレス: 地上波/BS/CSチューナーを搭載していないため、テレビ放送を視聴する際は別途チューナーが必要です。
  • Android TV: Android TVを搭載しており、Google Playストアから様々なアプリをインストールできます。
  • VODサービス: YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Disney+、DAZN、FOD、ABEMA、TVer、Hulu、U-NEXT、Rakuten TVなど、多数の動画配信サービスに対応しています。
  • 接続性: 有線LANと無線LANに対応し、Bluetoothも搭載しているため、スマートフォンやワイヤレスデバイスとの接続が可能です。
  • 音声操作: 音声操作に対応しており、リモコンでの音声コマンドが利用できます。
  • 端子: HDMI端子が2つ、USB端子が1つ、光デジタル音声出力端子が1つあります。
  • 消費電力: 使用時の消費電力は35Wで、エコな使用が期待できます。

このテレビは、小型でありながら多機能を備えており、スマートな生活空間に適しています。

また、ゲームモードも搭載しているため、ゲームプレイにも最適です。

シャープ「AQUOS(アクオス)DEライン」2T-C19DE

ケーズデンキ 楽天市場店
¥35,090 (2024/06/08 05:21時点 | 楽天市場調べ)

シャープの「AQUOS DEライン」2T-C19DEは、コンパクトながらも多機能を備えた19インチのハイビジョンテレビです。

  • 画面サイズ: 19インチで、解像度は1366×768ピクセルです。
  • 音声: 新設計のリフレクター構造により、音抜けが良く、聞き取りやすいクリアな音声を提供します。
  • 録画機能: USB端子2系統を搭載し、録画用のハードディスクを接続していても、他のUSB機器をもう1つ接続することができます。
  • バックライト: 直下型LEDバックライト搭載で、鮮やかな色と明るいクリアな映像を再現します(32V型のみ)。
  • 省エネ・節電機能: 「おはよう・おやすみタイマー」などの便利な機能が充実しており、省エネにも配慮されています。
  • チューナー: 地上デジタルチューナー2つを搭載しており、裏番組録画専用チューナーも含まれていますが、2番組同時録画はできません。
  • インターネット機能: 本機はインターネット機能には対応していません。

このテレビは、小さなスペースに適しており、シンプルながらも必要な機能を備えているため、寝室やキッチンなどのセカンドテレビとしても最適です。詳細な仕様や最新の情報については、シャープの公式ウェブサイトでご確認いただけます。

また、購入を検討されている場合は、オンラインショップや家電量販店での価格や在庫状況もチェックすると良いでしょう。

アペックス AP3240BJ

アペックスのAP3240BJは、32インチのハイビジョン液晶テレビで、コストパフォーマンスに優れたモデルとして知られています。

  • 画面サイズ: 32インチで、解像度は1366×768ピクセルです。
  • バックライト: 直下型LEDバックライトを採用しており、明るく鮮やかな映像を提供します。
  • 録画機能: 外付けHDDによる録画が可能で、お気に入りの番組を保存することができます。
  • 省エネ性能: 使用時の消費電力は45W、待機時消費電力は0.1Wと非常に低く、エネルギー効率が高いです。
  • チューナー: 地上デジタルチューナーが1つ搭載されています。
  • 接続端子: HDMI端子が2つ、USB端子が1つ、光デジタル音声出力端子が1つあり、様々なデバイスとの接続が可能です。
  • デザイン: スリムなデザインで、スペースを取らずに設置できます。

このテレビは、シンプルな機能と省エネ性能を求めるユーザーに適しており、日常の使用において必要十分な性能を備えています。

TCL「S54シリーズ」32S5400

TCLの「S54シリーズ」32S5400は、多機能でコストパフォーマンスに優れたフルHDスマートテレビです。

  • 画面サイズ: 32インチで、フルHD解像度(1920×1080)をサポートしています。
  • 映像技術: Algo Engine Lite映像解析アルゴリズムを採用し、質感の高い映像美を表現します。また、マイクロディミング機能により、繊細な部分まで明暗をくっきり分け、風景の奥行き感をリアルに映し出します。
  • HDR対応: HDR10とHLGに対応しており、映像の明暗を破綻なく忠実に描き出します。
  • 音質: Dolby Audioに対応し、クリアな音質と迫力のあるサウンドを提供します。
  • スマート機能: Google TVを搭載し、Googleアカウントを利用しておすすめのコンテンツをホーム画面に表示。各種動画配信サービスアプリを通じて、簡単に横断検索が可能です。
  • クロームキャスト機能: スマートフォンで見ている映像やゲーム等をテレビ大画面で楽しめます。
  • 音声操作: Googleアシスタントに対応し、リモコンのボタンを押して話しかけるだけで、見たい映像を簡単に検索できます。

このテレビは、高画質な映像と便利なスマート機能を求めるユーザーに適しており、日常のエンターテイメント体験を豊かにするでしょう。

最後に

2024年の10万円以下で購入可能なテレビの中から、特にコストパフォーマンスに優れた5つのモデルを厳選しました。

これらのテレビは、予算に優しい価格設定ながらも、高品質な画像と音声、便利な機能を提供しており、どのモデルも日々の生活において優れたエンターテイメントをもたらしてくれることでしょう。

最適なテレビを選ぶ際には、このランキングが参考になるはずです。

さあ、あなたにぴったりのテレビを見つけて、快適な視聴体験を楽しみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次