千と千尋の神隠しの都市伝説8選!【幻のエンディング!ハクは八つ裂きにされた?】

『千と千尋の神隠し』の幻のエンディングや最後にハクがどうなったのか?などを考察しながら千と千尋の神隠しの都市伝説8選を紹介します。

①千尋のモデルとなった人がいる
②千尋は死んでいた?
③油屋は風俗産業のメタファーだった?
④両親が食べていたのは人間の肉だった?
⑤カオナシは現代社会の象徴だった?
⑥ハクは八つ裂きになったのか?
⑦湯婆婆と銭婆はもともと悪役だった?
⑧幻のエンディングが存在する?

『千と千尋の神隠し』は、スタジオジブリが制作した2001年の日本のアニメーション映画です。

宮崎駿が監督および脚本を原案、宮崎のスタジオジブリで最後の監督作品とされています。

非常に高い評価となり、数々の賞を受賞しました。

日本では歴代興行収入が2位となる映画作品となっております。

『千と千尋の神隠し』は、視覚的に美しいアニメーション、深い物語、そして人間の成長や環境保護に対するメッセージが詰まった作品として知られています。

サブスクでは見られないジブリがDMMレンタルで8作品まで無料!

目次

あらすじ

物語は、10歳の少女千尋が両親とともに立ち寄った神秘的な街に迷い込み、両親が豚に変えられてしまうところから始まります。

千尋は、神秘的な世界で働く浴場の主である湯婆婆に出会い、その世界での生活が始まります。

彼女はさまざまな試練に直面し、成長しながら、魔法や不思議なキャラクターとの交流を通じて家族を取り戻す冒険を繰り広げます。

千尋のモデルとなった人がいる

制作のきっかけは、宮崎駿の個人的な友人の10歳の女の子を喜ばせたいとの思いからでした。

日本テレビの映画プロデューサー奥田誠治の娘であり、主人公千尋のモデルになったと言われています。

当時宮崎駿は信州にある山小屋でジブリ関係者の子供を集め年に一度合宿を開いていました。

その時に出会った少女たちに映画を届けようと思うようになったとのことです。

千尋は死んでいた?

『千と千尋の神隠し』の冒頭で、千尋の一家は車で山道を走っています。

このとき、父親がスピードを出しすぎてトンネルに突入します。

このシーンで、実は一家は事故に遭って死んでしまったのではないか、という都市伝説があります。

その証拠に、トンネルの向こうにある川は三途の川であり、千尋が透けてしまうのは死者の象徴だというのです。

また、油屋の世界は死後の世界であり、四季が共存しているのは極楽浄土を表しているとも言われています。

この説によると、千尋は最後まで生き返ることはなく、湯屋の世界に取り残されてしまったのだというのです。

油屋は風俗産業のメタファーだった?

千尋が働くことになる油屋は、一見するとお風呂屋のようですが、実は風俗産業を暗喩しているという都市伝説があります 。

この説の根拠としては、以下のような点が挙げられます。

  • 油屋の従業員である湯女という言葉は、古くから遊女の別名として使われていた。
  • 油屋の装飾に使われている赤ちょうちんは、江戸時代の遊郭の印だった。
  • 千尋が湯婆婆に名前を奪われて千になるのは、売春婦が源氏名を使う風習に由来する。
  • 宮崎駿監督自身が、現代の世界を描くには風俗産業がふさわしいと発言している。

この説によると、千尋は風俗嬢として働くことになり、油屋の世界は現代社会の暗部を表しているのだというのです。

両親が食べていたのは人間の肉だった?

千尋の両親は、油屋の世界に入ったとき、豪華な食べ物に目がくらみ、食べまくります。
しかし、その食べ物は、実は人間の肉だったという都市伝説があります 。

  • 食べ物の中には、人間の手や足や頭などの部位が見えるのではないか。
  • 食べ物の中には、人間の血や骨や臓器などの成分が含まれているのではないか。
  • 食べ物の中には、人間の魂や記憶や感情などのエネルギーが込められているのではないか。
  • 食べ物を食べた両親は、豚に変わってしまう。これは、人間の肉を食べた罰だったのではないか。

この説によると、両親が食べていたのは、油屋の世界に迷い込んだ人間たちの肉であり、それによって彼らは人間性を失ったのだというのです。

お父さんが食べていた美味しそうなお肉の正体

映画「千と千尋の神隠し」に登場する台湾料理は「肉圓(バーワン)」です。

さつまいもや片栗粉の皮で肉の餡を包み、揚げたり蒸したりして食べます。パクチーと甘めのタレをかけていただきます。

ただし、「肉圓(バーワン)」は読者の予想であり、米林監督より本当はシーラカンスの胃袋だとSNSの投稿があり判明いたしました。

カオナシは現代社会の象徴だった?

油屋に現れた謎の存在であるカオナシは、千尋に興味を持ち、彼女についていきます。

しかし、油屋の中でカエルや従業員を食べてしまい、巨大化して暴れ回ります。

このカオナシは、実は現代社会の象徴だったという都市伝説があります 。

この説の根拠としては、以下のような点が挙げられます。

  • カオナシは自分の顔や声を持たず、周囲の人間に影響されて変化する。これは、自分のアイデンティティを持てない現代の若者を表している。
  • カオナシは金を使って人々を操り、欲望のままに食べ物を食べる。これは、金や物に満たされない現代の消費社会を表している。
  • カオナシは千尋に対して友好的であり、彼女のおかげで油屋から脱出する。これは、千尋が純真で心優しい人間であることを表している。

この説によると、カオナシは現代社会の問題を反映したキャラクターであり、千尋はその救世主となったのだというのです。

ハクは八つ裂きになったのか?

千尋が油屋に来たとき、最初に出会ったのがハクという少年です。
ハクは油屋の従業員であり、湯婆婆の手下でもあります。

しかし、実はハクは川の神であり、湯婆婆に名前を奪われていたのです。

千尋はハクの本当の名前を思い出し、彼を救います。
しかし、ハクは本当に救われたのでしょうか?実は、ハクは八つ裂きになったのではないか、という都市伝説があります 。

  • ハクは川の神であり、その川はダム建設によって消滅した。そのとき、ハクは八つ裂きにされて油屋に連れてこられたのではないか。
  • ハクは湯婆婆に名前を奪われたとき、八つ裂きにされた記憶を失ったのではないか。
  • ハクは千尋に名前を思い出させられたとき、八つ裂きにされた記憶を取り戻したのではないか。
  • ハクは千尋に名前を思い出させられたとき、八つ裂きにされた傷跡が見えるのではないか。

この説によると、ハクは千尋に救われたというよりも、千尋によって苦しみを思い出したのだというのです。

湯婆婆と銭婆はもともと悪役だった?

油屋の主である湯婆婆は、千尋に厳しく接し、彼女の名前を奪って働かせます。
しかし、千尋が油屋から脱出するときには、彼女に助言や贈り物を与えます。

また、湯婆婆の姉である銭婆は、千尋に協力してハクの名前を思い出させます。
この二人は、実はもともと悪役だったという都市伝説があります。

  • 湯婆婆と銭婆は、元々は同一人物であり、千尋を騙して油屋に閉じ込めようとしたのではないか。
  • 湯婆婆と銭婆は、油屋の世界の支配者であり、神々や人間を奴隷にしていたのではないか。
  • 湯婆婆と銭婆は、千尋に優しくしたのは、彼女が持っていた金の印籠を手に入れるためだったのではないか。
  • 湯婆婆と銭婆は、千尋が油屋から脱出するときには、彼女を殺そうとしたのではないか。

この説によると、湯婆婆と銭婆は、千尋に対して本当の優しさを見せたのではなく、裏で陰謀を企てていたのだというのです。

幻のエンディングが存在する?

『千と千尋の神隠し』のエンディングは、千尋が油屋の世界から脱出し、両親とともに新しい家に向かうというものです。
しかし、実はこのエンディングは、もともとは別のものだったという都市伝説があります 。

その証拠に、以下のような点が挙げられます。

  • 宮崎駿監督は、もともとは千尋が油屋の世界に残るというエンディングを考えていたというインタビューをしている。
  • スタジオジブリの公式サイトには、千尋が油屋の世界に残るというエンディングの絵コンテが掲載されている。
  • 『千と千尋の神隠し』のサウンドトラックには、千尋が油屋の世界に残るというエンディングの曲が収録されている。
  • 『千と千尋の神隠し』のDVDには、千尋が油屋の世界に残るというエンディングの映像が隠されている。

この説によると、『千と千尋の神隠し』には、幻のエンディングが存在し、それは千尋が油屋の世界に残るという悲しいものだったのだというのです。

千と千尋の神隠しは何で見れる?サブスク、動画配信サービス

現在『千と千尋の神隠し』をサブスクで視聴できるサービスがありません。
海外版のNetflixでは見れたりと色々な噂がありますが国内のサブスクで視聴出来ない一番濃厚な説はスタジオジブリと日本テレビの権利関係の問題にあると思われます。

ジブリ作品が金曜ロードショーにて放映されると毎回10パーセント以上の視聴率が上がっており、権利関係が複雑だと言われています。

サブスクでは見られないジブリがDMMレンタルで8作品まで無料!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次