40代50代60代の男性年代別ドライバーの平均飛距離【あなたは平均以上?以下?】

ゴルフをする上で、ドライバーの飛距離は気になるポイントの一つです。

自分の飛距離は平均よりも上なのか、下なのか、同じ年代の他のゴルファーと比べてどうなのか、知りたいと思う方も多いでしょう。

しかし、ドライバーの飛距離は、年齢だけでなく、体力、技術、クラブの性能、コースの状況、気象条件など、様々な要因に影響されます。

そのため、単純に年代別に平均飛距離を比較することは難しいのです。

そこで、この記事では、40代50代60代の男性ゴルファーのドライバーの平均飛距離について、ネットで調べたデータや専門家の見解をもとに、できるだけ客観的に分析してみました。

また、自分の飛距離を伸ばすためのコツや練習方法も紹介します。

認定コーチレッスンを受けれる、仕事帰りに手ぶらで通える安定の定額制インドアゴルフスクール ステップゴルフ

\24000人が利用してる!日本一の店舗数・会員数!平均以上の飛距離を出したいなら!/


目次

40代50代60代の男性年代別ドライバーの平均飛距離は?

まず、40代50代60代の男性年代別ドライバーの平均飛距離は、以下のようになっています。

これらのデータは、日本ゴルフ協会のゴルフ場利用統計や、ゴルフ雑誌のアンケート調査などを参考にしたものです。

もちろん、個人差は大きく、年齢が高くても遠くまで飛ばせる方もいますし、逆に若くても飛ばない方もいます。

また、平均飛距離は、ドライバーのヘッドスピードやボールスピード、打ち出し角度やスピン量、着地点やロール距離など、様々な要素によって変わります。

そのため、これらのデータはあくまで目安として捉えてください。

自分の飛距離を伸ばすためには?

では、自分の飛距離を伸ばすためには、どうすればいいのでしょうか?

ここでは、以下の3つのポイントについて、具体的なコツや練習方法を紹介します。

  • 体力を向上させる
  • 技術を磨く
  • クラブを選ぶ

体力を向上させる

ドライバーの飛距離を伸ばすためには、まず体力を向上させることが重要です。

特に、40代以降の男性ゴルファーは、筋力や柔軟性、持久力などが低下しやすいため、日頃から体づくりに努める必要があります。

体力を向上させるためには、以下のようなことを心がけましょう。

  • ウォーキングやランニングなどの有酸素運動を定期的に行う
  • ストレッチやヨガなどの柔軟性を高める運動を行う
  • ゴルフに関連する筋肉(背中、肩、腕、腹筋、腰など)を鍛える筋トレを行う
  • バランスボールやボスボールなどの器具を使って、バランス感覚を養う
  • 偏らない食事を摂り、水分や栄養補給をしっかり行う
  • 睡眠や休息を十分にとり、疲労回復を促す

技術を磨く

ゴルフの飛距離は、スイングのフォームやタイミング、ボールの当たり方など、技術的な要素が大きく関係します。

50代になっても、スイングの改善や練習を通じて、技術を磨くことが可能です。

例えば、以下のような方法があります。

クラブを選ぶ

ゴルフは自分に合ったクラブでないと、打てるはずのショットが打てなくなるスポーツです。

特に50代になると、クラブの重さや柔らかさ、ライ角など、自分の体やスイングに合わせたクラブを選ぶことが重要です。

例えば、以下のようなポイントがあります。

重めで扱いやすい柔らかいシャフトのものを選ぶ

年齢とともに体が硬くなってくると、重いクラブの方がスムーズに振れる可能性が高くなります。

また、柔らかいシャフトの方が、シャフトのしなりを利用して飛距離を伸ばすことができます。

ライ角を自分に合わせる

ライ角とは、クラブのヘッドとシャフトの角度のことです。このライ角が自分に合っていないと、ボールの飛び方や方向性に影響します。

特に身長が平均よりも高い方は、ライ角が浅くなりがちなので、注意が必要です。

フックグリップで握る

スライスが出やすい方は、フックグリップで握ることで、ボールに対してフェースが閉じやすくなり、ドローボールが打ちやすくなります。

ドローボールはスライスボールよりも飛距離が出やすいので、飛距離アップに効果的です。

テンフィンガーグリップで握る

力がなくなってきたと感じる方は、テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)で握ることで、クラブをコントロールしやすくなり、ヘッドスピードが上がります。

ヘッドスピードが上がれば、飛距離も上がります。

体重をしっかり移動する

体重移動は、スイングのパワーの源です。

バックスイングで右足に体重を移動し、ダウンスイングで左足に体重を移動することで、ボールに圧をかけることができます。

体重移動ができていれば、非力な方でも飛距離が出ます。

体を回転させる

ゴルフスイングは回転運動です。

バックスイングでは、手や腕を振るよりも、体を右に回転させることに意識を向けると、スイングが大きくなり、ヘッドスピードが上がります。

胸を右に向ける意識でスイングすると、体を回転させやすくなります。

これらのことを習慣化することで、体力が向上し、ドライバーの飛距離にもプラスの効果が現れるでしょう。

最後に

また、適切な練習をすることで年齢を重ねても飛距離を落とさないようにすることもできます。

最新のクラブを使用し、適切なトレーニングを行うことで、全盛期に劣らない飛ばしが可能であるとされています。

特に、効率的なスイングを身につけることが重要で、無理な力を使わずに楽に打つことが推奨されています。

これらの情報は、ゴルフの技術向上に役立つだけでなく、年齢に応じた適切な目標設定にも有用です。

ぜひ無理のないように楽しいゴルフライフを過ごしてください。

認定コーチレッスンを受けれる、仕事帰りに手ぶらで通える安定の定額制のインドアゴルフスクール ステップゴルフ

\24000人が利用してる!日本一の店舗数・会員数!平均以上の飛距離を出したいなら!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次