『嫌われる勇気』はおかしい?あらすじと要約について【人生を変える自己啓発本】

嫌われる勇気は心理学なのか?おかしいのではないかと思われる方もいると思います。

この嫌われる勇気は【アドラー心理学】をベースとした本となっていますが、この【アドラー心理学】は心理学として科学的な学問として裏付けされているものではなく「思想」としての学問になります。

そのため一般的な心理学本として読もうとすると【おかしい】と思う人がいます。

世界的に有名な心理学者であるアドラー、フロイト、ユングの3人は心理学者の中でも異端です。

『嫌われる勇気』とは、アドラー心理学の教えをもとにした自己啓発書です。

私は『嫌われる勇気』は人生の中でもTOP3に間違いなく入る素晴らしい本だと思います。定期的に読み直すぐらい気に入ってます。

『嫌われる勇気』をおすすめしている芸能人

嫌われる勇気は数多くの著名人・有名人からもオススメされています。

・堀江貴文(実業家、タレント、YouTuber)

・中田敦彦(お笑いタレント、歌手、実業家、YouTuber)

・西野亮廣(お笑いタレント、絵本作家、著作家)

・トビ・ルーク(shopifyのCEO)

・山田裕貴(俳優)

そんな『嫌われる勇気』の魅力についてご紹介していきます。

\きっとあなたの人生を変える一冊になります!忙しくて本を読む時間がない方は音声で嫌われる勇気を聴いてみる

この本は、あなたに自分の人生を見つめ直すきっかけを与えてくれる本です。
あなたがこの本の内容を受け入れることができれば、あなたの人生はより自由で幸せなものになるでしょう。

目次
赤ちゃんを抱っこする母

『嫌われる勇気』は、アドラー心理学の基本的な考え方を対話形式でわかりやすく紹介した自己啓発本です。

この本を読むと、人生の悩みのほとんどが対人関係に起因することや、自分の幸せは自分の思考や選択によって決まることが理解できます。

また、他人の評価や期待にとらわれずに自分らしく生きるための勇気を得ることができます。

この記事では、この本の主なメッセージを4つの見出しに分けて紹介し、自分らしく生きる方法を学びます。

笑顔の子供

この本の最初のメッセージは、人は変われるということです。

「変わらないのは自分が変わらないという選択をしているからである」と、アドラー心理学は言います。

つまり、自分の人生は自分の責任であり、自分の思考や行動を変えることで人生を変えることができるということです。

しかし、多くの人は自分の人生に不満を持ちながらも、自分は変われないと思い込んでいます。

それは、自分の人生に影響を与える要因を自分の外に求めているからです。

原因論


例えば、自分の親や教育や社会や運などに自分の人生の原因を求めています。

これをアドラー心理学では「原因論」と呼びます。

原因論は、自分の人生に対する責任を放棄することで、自分を安心させる役割を果たします。

しかし、同時に自分の人生に対する主体性や自由度を奪うことにもなります。

自分の人生に対する責任を放棄することは、自分の人生に対する選択権を放棄することと同じだからです。

目的論

人は変われるということは、自分の人生に対する責任と選択権を取り戻すことです。

自分の人生に影響を与える要因は自分の内にあると認めることです。

自分の思考や行動を変えることで、自分の人生を変えることができると信じることです。

これをアドラー心理学では「目的論」と呼びます。

目的論は、自分の人生に対する責任と選択権を認めることで、自分を成長させる役割を果たします。

自分の人生に対する責任と選択権を認めることは、自分の人生に対する主体性と自由度を高めることにもなります。

自分の人生に対する責任と選択権を認めることは、自分の人生に対する可能性と希望を見出すことと同じだからです。

喧嘩している男性2人

この本の次のメッセージは、全ての悩みは対人関係の悩みであるということです。

他人と比較することで劣等感や嫉妬を感じるが、それは自分の主観的な解釈であると、アドラー心理学は言います。

つまり、自分の幸せは他人との関係に左右されないということです。

垂直的人間関係

悲しい顔をした着物を着た女性

しかし、多くの人は自分の幸せを他人との関係に依存させています。

それは、自分の価値を他人の評価や期待によって決めているからです。

例えば、自分は他人に認められたいと思ったり、他人に優越感を持ちたいと思ったりします。

これをアドラー心理学では「垂直的人間関係」と呼びます。

垂直的人間関係は、自分と他人を上下に分けることで、自分を安定させる役割を果たします。

しかし、同時に自分と他人の間に隔たりや対立を生むことにもなります。

自分と他人を上下に分けることは、自分と他人の間に尊敬や信頼を築くことを妨げることと同じだからです。

水平的人間関係

道路で手を繋ぎ座るカップル

全ての悩みは対人関係の悩みであるということは、自分の価値を他人の評価や期待に依存させないことです。

自分の価値は自分自身によって決まると認めることです。

自分は他人と比較する必要はなく、自分は他人と協力することができると信じることです。

これをアドラー心理学では「水平的人間関係」と呼びます。

水平的人間関係は、自分と他人を対等に扱うことで、自分を成熟させる役割を果たします。

自分と他人を対等に扱うことは、自分と他人の間に共感や協調を生むことにもなり、自分と他人の間に友情や愛情を育むことと同じだからです。

崖の上で伸びをする女性

この本の次のメッセージは、自由とは他者から嫌われることであるということです。

自分の信じる道を歩むためには、他者の課題に介入しないことが大切であると、アドラー心理学は言います。

つまり、自分の幸せは自分の選択によって決まるということです。

他者志向

しかし、多くの人は自分の幸せを自分の選択によって決めることができません。

それは、自分の選択に対して他者の反応を気にしているからです。

例えば、自分は他者に嫌われたくないと思ったり、他者に喜んでもらいたいと思ったりします。

これをアドラー心理学では「他者志向」と呼びます。

他者志向は、自分の選択に対して他者の反応を気にすることで、自分を保護する役割を果たします。

しかし、同時に自分の選択に対して他者の反応を気にすることは、自分の選択に対する自信や確信を失うことにもなります。

自分の選択に対して他者の反応を気にすることは、自分の選択に対する責任を他者に委ねることと同じだからです。

自己志向

自由とは他者から嫌われることであるということは、自分の選択に対して他者の反応を気にしないことです。

自分の選択は自分自身によって決めると認めることです。

自分は他者に嫌われても構わないと思ったり、他者に喜ばせる必要はないと思ったりします。

これをアドラー心理学では「自己志向」と呼びます。

自己志向は、自分の選択に対して他者の反応を気にしないことで、自分を解放する役割を果たします。

自分の選択に対して他者の反応を気にしないことは、自分の選択に対する自信や確信を高めることにもなります。

自分の選択に対して他者の反応を気にしないことは、自分の選択に対する責任を自分に取り戻すことと同じだからです。

マズローの欲求5段階説

この本の最後のメッセージは、承認欲求を否定することです。

他者に認められたいという欲求は無限であり、満たされることはないと、アドラー心理学は言います。

つまり、自分の幸せは他者の承認によって決まらないということです。

しかし、多くの人は自分の幸せを他者の承認によって決めています。

それは、自分の存在意義を他者の承認によって確かめたいと思っているからです。

例えば、自分は他者に感謝されたいと思ったり、他者に必要とされたいと思ったりします。

これをアドラー心理学では「承認欲求」と呼びます。

承認欲求は、自分の存在意義を他者の承認によって確かめることで、自分を満足させる役割を果たします。
しかし、同時に自分の存在意義を他者に依存させることにもなります。

自分の存在意義を他者の承認によって確かめることは、自分の存在意義を他者に奪われることと同じだからです。

承認欲求を否定することは、自分の存在意義を他者の承認によって決めないことです。

自分の存在意義は自分自身によって決まると認めることです。

自分は他者に感謝される必要はなく、自分は他者に必要とされる必要はないと思います。

これをアドラー心理学では「貢献の心」と呼びます。

貢献の心は、自分の存在意義を自分自身によって決めることで、自分を幸せにする役割を果たします。

自分の存在意義を自分自身によって決めることは、自分の存在意義を自分に確立することにもなります。

自分の存在意義を自分自身によって決めることは、自分の存在意義を自分に守ることと同じだからです。

\きっとあなたの人生を変える一冊になります!忙しくて本を読む時間がない方は音声で嫌われる勇気を聴いてみる

畑で笑顔になる帽子をかぶってる女性

『嫌われる勇気』は、アドラー心理学の基本的な考え方を対話形式でわかりやすく紹介した自己啓発本です。

この本を読むと、人生の悩みのほとんどが対人関係に起因することや、自分の幸せは自分の思考や選択によって決まることが理解できます。

また、他人の評価や期待にとらわれずに自分らしく生きるための勇気を得ることができます。

この記事では、この本の主なメッセージを以下の4つの見出しに分けて紹介しました。

  • 人は変われる
  • 全ての悩みは対人関係の悩みである
  • 自由とは他者から嫌われることである
  • 承認欲求を否定すること

これらのメッセージを理解し、実践することで、自分らしく生きる方法を学ぶことができます。

自分らしく生きるとは、自分の人生に対する責任と選択権を認め、自分の価値を自分自身によって決め、自分の選択に対して他者の反応を気にしない、自分の存在意義を自分自身によって決めることです。

\きっとあなたの人生を変える一冊になります!忙しくて本を読む時間がない方は音声で嫌われる勇気を聴いてみる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次