ゴルフの面白い雑学と豆知識!地獄のバンカー?【知ってると得する!ゴルフ場でみんなに話そう!】

ゴルフは、世界中で人気のあるスポーツですが、その歴史やルール、用語などには、意外な事実や知られざる秘密がたくさんあります。

ゴルフに関する雑学や豆知識を知っておくと、ゴルフの魅力をより深く理解したり、ゴルフ仲間との会話のネタにしたり、ゴルフのスキルやマナーを向上させたりすることができます。

そこで、今回は、ゴルフに関する雑学や豆知識をいくつか紹介します。
知ってると得することがたくさんありますよ。

\今のゴルフ面白いですか?本当に面白いのは100を切ってからです!/

目次

ゴルフの雑学4選

ゴルフの雑学について、ゴルフの起源やスコアの由来についてご紹介します。

ゴルフの雑学1 ゴルフの起源

ゴルフの起源は、正確には分かっていませんが、一般的には、15世紀にスコットランドで始まったとされています。

しかし、それ以前にも、中国やオランダなどの国で、ゴルフに似たゲームが行われていたという記録があります。

ゴルフの名前の由来も、諸説ありますが、スコットランド語で「棒」を意味する「golf」や、「地面に穴を掘る」を意味する「gouf」などが有力です。

ゴルフの雑学2 ゴルフボールの素材

ゴルフのボールは、昔は羽毛や木の実などで作られていましたが、現在は、主にゴムやプラスチックなどの合成素材で作られています。

ゴルフのボールには、表面に小さな窪みがありますが、これは、空気抵抗を減らして飛距離を伸ばすための工夫です。

窪みの数は、ボールのメーカーや種類によって異なりますが、一般的には、300から500個程度です。

ゴルフの雑学3 ゴルフコース

ゴルフのコースは、18ホールで構成されているのが一般的ですが、これは、1744年にスコットランドのセント・アンドリュースで開催された最初のゴルフ大会で、当時のコースが18ホールだったことに由来します。

その後、このコースがゴルフの聖地として認められ、18ホールが標準となりました。

しかし、現在でも、9ホールや12ホールなどのコースもあります。

ゴルフの雑学4 ゴルフのスコア

ゴルフのスコアは、ホールごとに打った回数で計算されますが、その際に使われる用語には、特徴的なものがあります。

例えば、ホールの基準打数を「パー」と呼びますが、これは、ラテン語で「平均」を意味する「par」に由来します。

また、パーの1打少ないスコアを「バーディー」と呼びますが、これは、19世紀にアメリカで使われていた「鳥のように素晴らしい」を意味する「bird」に由来します。

さらに、バーディーの1打少ないスコアを「イーグル」と呼びますが、これは、バーディーの上を行くという意味で、鳥の中でも最も威厳のある鷲を象徴として使ったものです。

同様に、イーグルの1打少ないスコアを「アルバトロス」と呼びますが、これは、鳥の中でも最も翼の長いアホウドリを象徴として使ったものです。

逆に、パーの1打多いスコアを「ボギー」と呼びますが、これは、19世紀にイギリカで流行した「ボギーマン」という怪物の歌に由来します。

ボギーマンは、人を驚かせたり困らせたりする存在とされていたので、ゴルフでは、望ましくないスコアに使われるようになりました。

ゴルフの豆知識5選

知っていたら面白い、ゴルフの豆知識について5つをご紹介します。

ゴルフの豆知識1 ゴルフクラブについて

ゴルフには、様々な種類のクラブがありますが、その中でも、最も長いクラブは、ドライバーと呼ばれるものです。

ドライバーは、ティーショットでボールを遠くに飛ばすために使われますが、その長さは、ゴルフのルールで最大で48インチ(約122センチ)と定められています。

しかし、実際には、ほとんどのプロゴルファーは、45インチ(約114センチ)以下のドライバーを使っています。

これは、長いクラブは、飛距離は伸びるかもしれませんが、方向性や安定性が損なわれる可能性が高いからです。

自分に合ったドライバーの長さを見つけることが、ティーショットの成功のカギです。

ゴルフの豆知識2 ゴルフボールについて

ゴルフには、様々な種類のボールがありますが、その中でも、最も高性能なボールは、ツアーボールと呼ばれるものです。

ツアーボールは、飛距離やスピン、感触などのバランスが優れており、プロゴルファーの多くが使っています。

しかし、ツアーボールは、高価であり、また、高い技術が必要です。

初心者や中級者の場合は、ツアーボールよりも、ディスタンスボールやソフトボールなどの方が、コストパフォーマンスや扱いやすさの面でおすすめです。

自分のレベルや目的に合ったボールを選ぶことが、ゴルフのスコアを向上させるコツです。

ゴルフの豆知識3 ゴルフのグリップについて

ゴルフには、様々な種類のグリップがありますが、その中でも、最も一般的なグリップは、ベースボールグリップと呼ばれるものです。
ベースボールグリップは、両手の小指が重ならないようにクラブを握る方法で、ベースボールのバットを握るように見えることからこの名前がつきました。

ベースボールグリップは、握りやすく、力強く振り抜くことができますが、スピンや方向性のコントロールが難しいという欠点があります。
他にも、オーバーラッピンググリップやインターロッキンググリップなどのグリップがありますが、自分に合ったグリップを見つけることが、ゴルフの安定性や精度に影響します。

ゴルフの豆知識4 バンカーショットについて

ゴルフには、様々な種類のショットがありますが、その中でも、最も難しいショットは、バンカーショットと呼ばれるものです。
バンカーショットは、砂地に落ちたボールを打ち出すショットで、クラブの先端を砂に当ててボールを飛ばす方法です。

バンカーショットは、クラブの選択やスイングの角度、力加減などが非常に重要で、練習が必要です。
バンカーショットの際には、ボールに直接触れないように注意することも大切です。

ボールに触れると、ルール違反となり、罰打が課せられます。

ゴルフの豆知識5 世界で有名な地獄のバンカー

ゴルフには、様々な種類のホールがありますが、その中でも、最も有名なホールは、セント・アンドリュースの第17ホールと呼ばれるものです。
このホールは、パー4のホールで、グリーンの手前には巨大な砂地があり、グリーンの左側には道路があります。

このホールは、非常に難易度が高く、多くのプロゴルファーが苦戦しています。
このホールの砂地は、「地獄のバンカー」と呼ばれており、その名の通り、ボールが入ると脱出が困難です。

このホールの道路は、「道路ホール」と呼ばれており、ボールが道路に出ると、道路もコースの一部として扱われます。

このホールは、ゴルフの歴史に残る名勝負やドラマが多く起こったホールでもあります。

最後に

以上が、ゴルフに関する雑学や豆知識の紹介でした。いかがでしたか?

ゴルフは、単にボールを打つだけではなく、奥深いスポーツです。ゴルフに関する知識を増やすことで、ゴルフの楽しさや魅力をより感じることができます。

ゴルフに興味のある方は、ぜひ、この記事を参考にして、ゴルフの世界に触れてみてください。

\諦めないでください!誰もがスランプになります。変な癖がついて手遅れになる前に!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次