Coincheck(コインチェック)の「つみたて」で始める賢い暗号資産投資

暗号資産への投資は、その変動性の高さから一攫千金を狙うものと思われがちですが、Coincheckの「つみたて」サービスを利用すれば、安定した長期投資が可能です。

このサービスは、毎日または毎月、決まった金額を自動で暗号資産に投資することができるため、価格の波に乗じた賢い資産形成を目指せます。

\ダウンロード数4年連続「国内No.1」を獲得!〜 アプリダウンロード数は累計540万ダウンロードを突破 〜/

目次

つみたてのメリット

Coincheckの「つみたて」には、以下のようなメリットがあります。
  • 少額から始められる: 毎日約300円から、または毎月1万円から投資を開始できます。
  • 時間分散投資: ドルコスト平均法により、市場の変動リスクを分散させることができます。
  • 自動化された投資: 設定後は自動で購入が行われるため、忙しい方でも簡単に投資を続けられます。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法は、株など価格が変動するものに投資する際に、定期的に同一の金額を投資することで、最終的に平均買付金額を引き下げようとする投資手法です。

この方法では、価格が低い時には多くの単位を、価格が高い時には少ない単位を購入することになり、長期的には価格変動リスクを低減させる効果が期待できます。

つみたてのデメリット

一方で、以下のようなデメリットも考慮する必要があります。
  • 大きな利益を得るには時間がかかる: 低リスクな分、資産形成には長期間が必要です。
  • スプレッドがかかる: 取引所のスプレッドによるコストが発生します。

仮想通貨のスプレッドとは

仮想通貨のスプレッドとは、売値と買値の価格差のことを指します。

この価格差は、仮想通貨取引における実質的なコストとなります。

スプレッドが広い場合はコストが高くなり、狭い場合はコストが低くなります。取引所と販売所では、一般的に取引所の方がスプレッドが狭くなる傾向があります。

仮想通貨取引所には販売所と取引所の2つの機能があり、販売所では業者が間に入って取引を行いますが、取引所ではユーザー同士で直接取引が行われます。

取引所の利点は、手数料を抑えられることですが、すぐに取引が成立するとは限りません。

一方、販売所は操作が簡単で取引がすぐに成立するメリットがありますが、手数料が高くなる傾向があります。

つみたての始め方

引用:コインチェック公式サイト

Coincheckのアカウントを持っていない方は、まずは公式サイトから登録を行いましょう。

その後、以下の手順で「つみたて」を設定できます。

  1. 銀行口座の登録: 引き落としに使用する銀行口座を登録します。
  2. プランの選択: 「毎日つみたてプラン」または「月イチつみたてプラン」を選択します。
  3. 金額の設定: 積立てる金額を設定します。

まとめ

Coincheckの「つみたて」は、暗号資産投資を始めたいけれども、市場の変動に一喜一憂したくない方や、忙しくて投資に多くの時間を割けない方に最適なサービスです。

少額から始められるため、投資初心者の方にもおすすめです。賢く、着実に資産を形成していきましょう。

\ダウンロード数4年連続「国内No.1」を獲得!〜 アプリダウンロード数は累計540万ダウンロードを突破 〜/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次