何が違う?ChatGPTとGPT4の違いについて【そもそもChatGPTってなに?】

最近、ChatGPT、GPT4、GPT3.5など色々耳にしますがどういった違いがあるのでしょうか。
ChatGPTとGPT4は、どちらもOpenAIが開発した言語モデルです。
言語モデルとは、自然言語を理解し、生成することができる技術のことです。

ChatGPTとGPT4は、インターネット上にある膨大なテキストデータを学習し、入力された指示や質問に対して、自然な文章を返すことができます。

ChatGPTとGPT4の違いは、主に以下の3点です。

  • ChatGPTはウェブサービスであり、GPT4は言語モデルである
  • GPT4はGPT3.5よりも大きなモデルサイズと学習データを持つ
  • GPT4はより高度な処理や分析ができる

まず、ChatGPTはウェブサービスであり、GPT4は言語モデルであるという違いがあります。
ChatGPTは、ウェブブラウザからアクセスできるサービスで、チャット形式で自然なやりとりができます。

ChatGPTの裏で使われている技術がGPT3.5やGPT4などの言語モデルです。

次に、GPT4はGPT3.5よりも大きなモデルサイズと学習データを持つという違いがあります。
モデルサイズとは、言語モデルが持つパラメータの数のことで、パラメータが多ければ多いほど、複雑な言語パターンの学習や長い文章での意味把握ができるとされています。

GPT3.5のモデルサイズは1750億パラメータでしたが、GPT4のモデルサイズは10000億パラメータになりました。
また、学習データとは、言語モデルが参照するテキストデータのことで、学習データが多様で新しいほど、言語モデルの知識や表現力が豊かになります。
GPT3.5の学習データは、2021年9月までのインターネット上のテキストデータでしたが、GPT4の学習データは、2023年4月までのインターネット上のテキストデータになります。

最後に、GPT4はより高度な処理や分析ができるという違いがあります。
GPT3.5は、単に質問に対して回答するだけでなく、相談や悩みに答える、文章や小説を書く、レシピを考案する、ジョークを言う、プログラミングを行うなど、さまざまな対応が可能でした。

しかし、GPT4はそれらをより高度化して行うことができます。
例えば、GPT4は、より長いプロンプトの入力が可能になり、300ページ分の単語数に相当する情報を一度に処理できます。

また、GPT4は、プロンプトにより忠実に従い、特定のフォーマットや条件を満たす回答を生成できます。
さらに、GPT4は、データや画像の分析や生成など、より多様なタスクに対応できます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次