DMMビットコインでの大量ビットコイン流出(482億円分)の原因は?

2024年5月31日にDMMビットコインからビットコインが4,502.9BTC(482億円分)不正流出したとニュースになりました。

暗号通貨はブロックチェーンがあるから安心と言われてきていますが、不正流出の原因はどういったものなのでしょうか。

また、今回の流出で顧客のビットコインはどうなるのか、過去の流出事件はどういったものだったのかを紹介します。

目次

ビットコイン流出の原因

ビットコイン流出の原因はまだはっきりとは分かっておらず、金融庁は資金決済法に基づく報告徴求命令をDMMビットコインに出し、原因の究明や顧客の保護を求めた。

としています。

堀江 貴文さんは今回のビットコイン流出について内部犯行説があるんではないかと話しています。

今回のビットコイン流出で補償はされるのか

DMMビットコインの公式HPでビットコイン全量について、流出相当分のBTCをグループ会社からの支援のもと調達を行い、全額補償するとのこと。

資本金が28億、純損益が15億の会社規模で言うと自社だけで賄うのは不可能だと分かります。

7日に増資で480億円、劣後特約付き借り入れで10日に20億円を調達する計画と発表。流出したビットコインについては市場に配慮しながら調達するとしています。

暗号通貨の過去の流出

暗号通貨の過去の流出では

2014年のマウントゴックスで470億円

(これをきっかけにして経営破綻)

2018年コインチェックで不正アクセスで580億円のNEMコイン流出

2019年ビットポイントジャパンにて32億円相当の暗号通貨の流出

金融庁の厳しい規制などが入っている暗号通貨界隈ですがそれでも安全性についてはまだまだ改善の余地がありそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次