ビットコインはいくつある? – 元々の流通数量から現在の流通数量まで

ビットコインの世界は、その誕生以来、多くの変化を経験してきました。このデジタル通貨の最も注目すべき特徴の一つは、その流通数量です。

ビットコインは、その設計により、最大で2,100万BTCが存在することになっています。

しかし、実際の流通数量はこの数字よりも少ないのが現実です。

\ダウンロード数4年連続「国内No.1」を獲得!〜 アプリダウンロード数は累計540万ダウンロードを突破 〜/

目次

ビットコインの初期の流通数量

ビットコインが2009年に登場した当初、流通していたビットコインの数は非常に限られていました。

初期のマイナーたちは、比較的容易にビットコインを採掘でき、流通数量は徐々に増加していきました。

しかし、これらのビットコインの多くは、今日では失われてしまったと考えられています。

秘密鍵の紛失や保有者の死亡などにより、これらのビットコインは永遠に使われることはないでしょう。

ビットコインの秘密鍵とは

ビットコインの秘密鍵の紛失とは、ビットコインを管理するために必要な暗号キーを失うことを意味します。

秘密鍵は、ビットコインの所有権を証明し、取引を行うために必要なデジタル署名を生成するために使用されます。

秘密鍵を失うと、そのビットコインにアクセスすることができなくなり、実質的に資産を失うことになります。

秘密鍵は、ビットコインのブロックチェーン上での取引において、所有者だけが知っているべき非常に重要な情報です。

この鍵が第三者に知られると、ビットコインが盗まれる可能性があります。また、秘密鍵を紛失した場合、そのビットコインを取り戻すことは非常に困難、または不可能になります。

そのため、秘密鍵は安全な場所にバックアップを取り、厳重に管理する必要があります。

ビットコインの全供給量の中で、秘密鍵の紛失によりアクセスできなくなったビットコインはかなりの量に上ると推定されています。

これにより、ビットコインの市場における流通量が減少し、ビットコインの価値に影響を与える可能性もあります。

秘密鍵の管理方法としては、オフラインでの保管(コールドストレージ)、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットなどがあります。

これらの方法は、オンライン状態(ホットウォレット)に比べてセキュリティが高く、秘密鍵の紛失リスクを減らすことができます。

ビットコインの流通数量の増加

ビットコインの流通数量は、時間とともに増加し続けています。

2021年5月時点で、約1450万BTCが流通していると推定されています。

これは、同時期の発行総量である1870万BTCに対して少ない数です。

この差は、前述のようにアクセス不可能になったビットコインや、まだマイニングされていないビットコインによるものです。

ビットコインの未来の流通数量

ビットコインの発行枚数は上限があり、2140年にはその上限に達すると予測されています。

しかし、実際の流通数量は、マイニングの難易度の増加や、ビットコインの紛失などにより、発行上限には到達しない可能性が高いです。

これにより、ビットコインの希少性は保たれ、価値が維持されると考えられています。

まとめ

ビットコインの流通数量は、その設計上の上限と実際の市場での流通量との間には大きな違いがあります。

この違いは、ビットコインの価値に直接影響を与え、投資家や市場参加者にとって重要な指標となっています。

ビットコインの未来は不確かであるものの、その流通数量の動向は、デジタル通貨の価値を理解する上で欠かせない要素です。

\ダウンロード数4年連続「国内No.1」を獲得!〜 アプリダウンロード数は累計540万ダウンロードを突破 〜/


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアをおねがいします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次